SECURITY OFFICER

警備事業

施設警備/交通警備/イベント警備/巡回警備

ガードマンによる警備はカルテックにお任せください。

厳選された採用と高いレベルの教育を受けた警備員を配置し、お客様の安全をお守りします。

また抑止力の高い威圧的な警備ではなく、往来するお客様に対して礼節をわきまえ、きちんと接客・接遇ができる警備に力を入れております。

FACILITY SECURITY

施設警備

出入りするお客様に威圧感を与えない「おもてなし警備」

・施設警備とは

「施設警備」とは警備業法第2条第1項第1号に規定されており、お客様のご要望に応じて警備員を施設に常駐させ、出入管理、受付業務、巡回業務、防災センター業務、施錠管理等を行い、施設への不審者からの侵入や盗難を防ぐとともに、火災の発生に向けて初動措置を行い被害を最小限に抑え、事件・事故・災害の発生を警戒する業務です。

具体的には、商業ビル、商業施設、ショッピングセンター、百貨店、金融機関、銀行、公共施設、病院、医療施設、介護施設、福祉施設、スポーツ施設、企業、工場、研究所、倉庫、核燃料施設、博物館、プール、官公庁、高級住宅街、高級品販売店、駐車場等に常駐します。

具体的な業務内容は以下の通り。

・入退出管理業務(受付業務)
・巡回警備業務
・防災センター業務
・鍵(セキュリティーカード)管理業務
・非常事態対処
・要救護者の身柄を救急隊に渡すまでの一時的保護
・現金、有価証券等回収、管理立会業務
・保安警備業務(万引きGメン)
・機械警備業務

等があげられます。

・守衛との違い
施設警備員と守衛の違いは、施設警備員はお客様のご要望に応じて契約し、警備員が配置されているのに対し、守衛はお客様(或いは施設管理者)が保安・警備要員として直接雇用されている者の事を指します。

また警備員は警備業法にて規定され警察に届け出ている制服・装備を身に着けて業務に就くが、守衛はその管理者(雇用者)に指示された服を着用すればよい。

教育については施設警備員は警備業法に基づき定められた、新任教育、現任教育、法定研修等、定めらた内容を定められた時間数、受けなければならないが、守衛には何の規定もありません。

・カルテックの行う施設警備の特徴
私たちは警備対象施設の利用者の往来が多い、私立大学やホテル・旅館等の宿泊施設の警備を行ってまいりました。抑止力となる威圧感は不要で、往来するお客様を不快感を感じさせない、笑顔で親切丁寧な「おもてなし警備」を行ってまいりました。私たちは「おもてなし警備力」を強みの一つと捉え、日ごろのOJTからサービス接遇講師を招いた特別研修等を行い、そのおもてなし警備力を磨き続けております。往来する対象施設のお客様が一番初めに顔を合わせるのは私たち警備員です。万が一横柄な態度をとってしまっては、お客様に不快な思いをさせてしまい、その施設の印象さえ悪くしてしまいかねません。私たちは警備員としての安全確保力を基礎として、更に「お客様の顔」としてより良い印象を与えられるよう、おもてなし警備に力を入れております。

主に、私立大学、高等学校、中学校、小学校、幼稚園、保育園などの学校施設、ホテル、旅館、リゾートホテル、高級旅館、ビジネスホテルなどの宿泊施設、病院、総合病院、大学病院、血液センターなどの医療施設、介護福祉施設、公共施設、施設に併設される駐車場などの需要があります。

ROAD SECURITY

交通警備

交通に支障がある車道や歩道にて、自動車・歩行者の誘導を行い安全を確保します。

「交通誘導警備」とは警備業法第2条第2号に規定されており、お客様のご要望に応じて交通に支障がある箇所、事故の発生の恐れがある箇所にガードマン(警備員)を配置させ、車両の誘導や歩行者、自転車の誘導を行って安全を確保を行い、事故の発生を未然に防ぐ業務です。

具体的には、駐車場、工事現場、商業施設の駐車場、建設現場、資材置き場、各種イベント会場駐車場、水道工事、配管工事等ライフラインの工事、信号機やガードレールなど交通安全施設の工事、看板工事、除草作業、案内板設置工事にて、交通誘導を行い安全を確保します。

具体的な業務内容は以下の通り。

・片側一車線規制
・車線減少規制
・通行止め迂回案内
・歩行者誘導
・自転車誘導
・車両誘導

等があげられます。

・自家警備(建設業者等の従業員による交通誘導行為)との違い
交通誘導警備員とそれ以外による誘導の違いは、交通誘導警備員はお客様のご要望に応じて契約し、警備員が配置されているのに対し、自家警備はお客様(或いは施設管理者)が直接雇用されている者による警備の事を指します。

また警備員は警備業法にて規定され警察に届け出ている制服・装備を身に着けて業務に就くが、自家警備はその管理者(雇用者)に指示された服を着用すればよい事になっております。

教育については施設警備員は警備業法に基づき定められた、新任教育、現任教育、法定研修等、定めらた内容を定められた時間数、受けなければならないが、自家警備には何の規定もありません。

・カルテックの行う交通誘導警備の特徴
私たちは警備対象現場の利用者の往来が多い、私立大学やホテル・旅館等の宿泊施設の警備を行ってまいりました。抑止力となる威圧感は不要で、往来するお客様を不快感を感じさせない、笑顔で親切丁寧な「おもてなし警備」を行ってまいりました。

私たちは「おもてなし警備力」を強みの一つと捉え、日ごろのOJTからサービス接遇講師を招いた特別研修等を行い、そのおもてなし警備力を磨き続けております。往来する対象施設のお客様が一番初めに顔を合わせるのは私たち警備員です。万が一横柄な態度をとってしまっては、お客様に不快な思いをさせてしまい、その施設の印象さえ悪くしてしまいかねません。私たちは警備員としての安全確保力を基礎として、更に「お客様の顔」としてより良い印象を与えられるよう、おもてなし警備に力を入れております。

交通誘導警備においても、警備対象施設に往来するお客様に失礼がないよう、また不快な思いをさせないよう、親切丁寧な誘導を心がけております。

主に、官公庁駐車場、各種工事現場、小学校、幼稚園、保育園などの学校施設の駐車場、病院、総合病院、大学病院、血液センターなどの医療施設の駐車場、介護福祉施設、公共施設、施設に併設される駐車場などの需要があります。

EVENT SECURITY

イベント警備

多くの人が集まる各種イベントでの群衆事故、雑踏事故を未然に防ぐための警備を行います。

大勢の人員が集まる、展覧会や祭り、屋外イベント、スポーツイベントなどが開催されている場所やその近隣での人員整理や誘導、案内を行い、歩行者の歩行路の確保や、過密状態の回避や緩和、不審物の発見、緊急時の対応などを行います。

また、事故や人員の滞留を防ぐため、事前の広報活動を含めて注意箇所への照明や案内板の設置、避難路の確保も行います。

Patrol security

巡回警備

年末年始や夏季休暇など連休中不在となる箇所の巡回警備を行い、以上の有無を確認します。

予めご契約先の巡回警備個所の現状把握を行います。

ご契約後は建物や建設現場の内外を巡回して点検を行い、安全な状態の確認および異常な状態の確認・処置を行い、安全の確保を行います。

またその結果をご契約者様に報告します。ご契約先の営業時間中の防犯のための巡回警備や、ご契約先の営業時間外の防犯のための巡回警備があります。

警備事業の事例

警備事業Q&A

上場企業様や学校法人様の施設警備を中心に長年の実績があり、厳格な警備業務だけでなく丁寧な接客接遇、きめ細やかな顧客対応にも定評をいただいております。

栃木県を中心に警備サービスを提供させていただいておりますが、今後は県外からのご要望にもお答えしていく方針です。

企業・学校・病院・金融機関・各種商業施設などを対象とした「施設警備」、建築・土木・電気・水道・ガス等の工事現場および舗装・排水溝・信号機・案内板設置等の道路工事現場における「交通誘導警備」が主な業務です。そのほか、円滑なイベントや興行の開催・進行に協力する「雑踏警備」や、「身辺警護警備」などがあります。

施設によって異なりますが、入退室管理業務、受付業務、巡回巡視業務、防犯監視・巡視業務、防災監視業務、防火設備日常巡視業務、鍵管理業務、非常事態対処、現金等回収・管理立会業務などがあげられます。

株式会社カルテックでは、警備業法に定められた新任警備員の総合教育、ならびに現任警備員の法定教育を実施しています。またお客様への接客マナーを身につける接遇講習、緊急時にも正確・迅速に対応するための安全講習等で、絶えずスキルをブラッシュアップしています。

株式会社カルテックでは、20代後半から60代までの幅広い年代の警備員が活躍しています。キャリアは平均10年以上で、若い人でも7年以上の経験があり、お客様の警備ニーズにお応えできる精鋭がそろっています。

当社の母体は、上場企業・学校法人様対象に送迎バスを運行する株式会社キャリー交通です。その「キャリー」の名称と、安心・安全・信頼に向けて蓄積された「テクノロジー」を継承するとの意味から、「カルテック」と名づけました。

お客様からのお問い合せがあると、営業担当が警備のご要望について詳しくお伺いいたします。

次いで保安調査員が警備対象を調査させていただき、それらに基づいて警備計画を立案。綿密なお打ち合せでプランを具体化いたします。お気軽にお問い合せください。

カルテックは、皆さまの期待に応えるべく、創業以来のDNAである 「心からの安心」 を大切にして、取り組んで参ります。

変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。