WORK CASES

宇都宮市にある建設会社様の交通誘導警備事例

 

お客様からの相談内容

水道の配水管工事を行うに当たり、周辺を通行する方や車の交通誘導をお願いします。他の警備会社に依頼しておりましたが、色々と問題があり困っていました。交通誘導はもちろんのこと、弊社の現場作業員とのコミュニケーションを密に取っていただけるとありがたいです。

お客様へのご提案

配水管工事の作業現場を中心にして、道路の両端に警備員を配置した交通誘導を行います。現場は市街地ですので、一般の通行者や車が安全に通行できること、作業現場が安全であることに留意いたします。特に、歩道を通行されるお子様や高齢者には十分に配慮いたします。

御社のご希望に沿って、現場監督様を始め作業員の皆様との連携を密に図るよう努めます。作業の進行状況を考慮し、通行車両(特に大型)は状況に応じて停止させる、又は作業を停止させるなど臨機応変に対応いたします。現場監督様の指示をよく確認し、報告・連絡・相談を怠らないよう留意いたします。交通誘導警備の現場経験が豊富な警備員を配置させていただきますので、ご安心ください。

お客様の感想

カルテックの警備員の方は、先回りをして積極的に動いてくださるので大変助かりました。私たちが現場へ到着する前に、率先して周辺住民の方や近くの駐車場へ挨拶してくださることがありました。そういった警備員の方の様子を見させていただくと、社員教育をしっかりされていることがよく分かります。

また、騒がしい作業現場ですが大きな声で案内誘導をしてくださるので、通行者や作業員が動きやすいです。おかげさまで問題なくスムーズに工事が行えました。今後も、引き続きカルテックさんに交通誘導警備をお願いできればと思います。