サイバーセキュリティ事業

サイバー攻撃への備えは万全ですか?

サイバー攻撃の現状と
サイバーセキュリティ

昨今、国内の複数の企業で高度なサイバー攻撃を受け、企業情報が流出した可能性があるという事例が続いています。
また、様々なIoTサービスが普及したことによりサイバー攻撃は形を変えながら増加している傾向にあります。

様々なモノがネットに繋がっている今、インターネットの脅威もその攻撃範囲を広げています。 2020年4月には、総務省がすべてのIOT端末にセキュリティ対策機能の義務化を発表しています。

※IoTサービス
あらゆるモノの情報を、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスで管理、確認、操作、連携することが可能になるサービス。例:ルーター、POSレジ、防犯カメラ、予約管理システム、顧客管理システム等

不正アクセス、コンピューターウイルス、マルウェア、ワーム、スパム(迷惑)メール、スパイウェア、不正侵入、ボットネット

インターネットの脅威は、膨大

ファイアウォールやアンチウイルスソフトを入れているから安全でしょうか?
ファイアウォールやアンチウイルスソフトで防ぐことができるのは、不正アクセスや既知ウイルスの侵入などです。近年では、これらだけでは不十分と言われるほど脅威が増えています。

また、その守備範囲はパソコンやスマートフォン等、端末のみの狭い範囲に限り、突破されてしまうこともあります。マルウェアは、分かっているもの以外にも、1日に100万以上の新しい脅威が生み出され続けているのが現状です。

症状が出ていなくても感染している可能性もあり、症状が出た後では、パソコンのデータが改ざんされたり、重要な情報が流出したり、知らないうちに加害者になっていることもあります。感染する前に予防しましょう。

「統合脅威管理」
UTM(Unified Threat Management)

複数のセキュリティ機能を1つにまとめて管理・運営を行います

UTMはネットワーク上部に設置するため、
端末だけではなく、ネットワーク全体を保護することができます。

おすすめは、

Watch Guard
「 Fire box 」

スモールオフィスからサーバー、光接続まで様々な規模に対応したラインナップを持ったUTMです

ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどのセキュリティの脅威を最新のシグネチャと最新スキャニングでウイルスをブロックします。

※シグネチャ:ウイルスの辞書のようなもの
シグネチャの自動更新により最新のウイルスにも対応。

ZIP、RAR、TAR、GZIP、ARC、CABなどの圧縮ファイルのスキャンも実行し、高速なネットワークパフォーマンスを実現します。

業務に関係のないWebサイトへのアクセスを規制・管理し、生産性を高めるとともに、ウイルス感染や情報漏えいなどを未然に防ぎます。130以上のブロックカテゴリとサブカテゴリから選択し、HTTPとHTTPSの両方でフィルタリングします。 出口対策として、C&Cサーバやボットネットなどを含む、 危険なサイトへのアクセスをブロックします。 ホワイトリスト/ブラックリストでのカスタマイズ、カテゴリ単位でユーザ/グループへの制御スケジュール機能に対応しています。
有害なスパムメールをリアルタイムでブロックし、 マルウェア感染を未然に防ぎます。 迷惑メールを一掃することで、日々の業務効率を高め、ネットワークインフラにかかる負荷を軽減します。世界的に広く導入されている検知エンジンを採用し、高い検知率で不要メールをブロックすることができます。 ※文面を見てスパムかもしれないと警告してくれる機能もあります。  件名に「***SPAM」と入力
スパイウェア、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、バッファオーバーフローなどの脆弱性を突くあらゆるネットワーク攻撃をブロックします。 シグネチャアップデートを常時行うことで最新の脅威にも対応し、TCP、UDPの主要プロトコルをすべてスキャンします。また、攻撃元として識別されたIPアドレスを自動的にブロックします。

クラウドベースのWebレピュテーション(評判照合)サービスとして、アンチウイルスエンジンを含む複数のソースから情報を収集し、サイト毎のレピュテーションにより、Webサイトからのリアルタイム保護を実現します。

ポイントに応じて、トラフィックをクラウド上にて判定し、ブロック/バイパスが可能で、アプライアンス負担を軽減、パフォーマンスを最大50%高めます。

ボットネットを利用した不正行為から守り、DoS攻撃、スパム/ウイルスの送信、機密情報の漏えいなどを阻止します。 ボットネットサイトリストはIPアドレスベースでリアルタイムに更新され、HTTP/HTTPSだけでなく、すべてのポートとプロトコルに対応しており、送信先IPアドレスと送信元IPアドレスの両方をチェックします。

Fire boxは、 最新の技術を駆使したそれぞれのベストオブリードセキュリティをモジュラーベースにして、 独自OS「Fire ware」によって統合しています。

それぞれの企業が得意としたセキュリティを良いとこ取りしたうえに、 独自のセキュリティ技術を加えて抜け穴を減らしています。

サイバーセキュリティ事例

カルテックは、皆さまの期待に応えるべく、創業以来のDNAである 「心からの安心」 を大切にして、取り組んで参ります。

変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。