除菌消毒コラム:ウイルスと細菌の違いとは?

このコラムの目次

ウイルスも細菌も微生物

地球上のあらゆる環境には目に見えない微生物が生息しています。
ヨーグルトや納豆、みそ、しょうゆなどの発酵食品は、微生物を利用した食品です。また、人間と微生物は共存しています。体の中に住み着いている常在微生物は、消化を助けたり、外から侵入してくる病原性の微生物から身を守ったりしてくれます。感染症などの病気を引き起こす微生物はごく一部なのです。
そんな微生物には、「ウイルス」「細菌」「真菌」「原虫」が含まれます。

 

微生物の分類と特徴

ウイルスとは

微生物に分類されるウイルスは生物と同じように遺伝子を持ち、増えることができます。
しかし、細胞をもたず自分の力だけでは増えることができません。生きるためのエネルギーも作り出さないことから、国際ウイルス分類委員会は「ウイルスは生物ではない」としています。
ウイルスが増えるためには、生き物の細胞に寄生しなければなりません。
ウイルスが細胞の外にいるときは、ただの粒子として存在しています。生物のように呼吸をしたり、食事をしたりすることはありません。感染力のある粒子として存在できる時間が過ぎてしまうと、増えることなく死んでいきます。

 

細菌とは

一方の細菌は、生物です。食べたり、排せつしたりすることで物を腐らせます。人体には「常在菌」と呼ばれる数多くの細菌が存在しています。個人差はありますが800~1000種類、数兆個もの細菌がいると言われています。
通常、常在菌は病原性を示さないため病気を引き起こすことはありません。むしろ人体にとって有益な働きをする細菌も多数います。代表的な細菌は、大腸菌、緑膿菌、ブドウ球菌など。

 

その他、感染症を起こす菌の仲間

酵母、カビ、キノコを含む真菌と呼ばれる菌類があります。酵母や糸状菌の一部は感染症を引き起こすこともあります。水虫を引き起こすトリコフィトン・メンタグロフィテスは、糸状菌の仲間です。代表的な真菌は、カンジダ、アスペルギルスなど。

 

病気の原因はウイルス?細菌?

感染症はウイルスや細菌などが体に侵入してかかる病気です。しかし病名だけでは原因がウイルスか細菌かわからないものも沢山あります。症状が似ていても、原因は全く違うこともめずらしくありません。

 

最後に

現在、微生物学と医学の発達によって微生物の研究が進み、かつては死を待つしかなかった症状でも、予防や治療が可能になったケースは多くなりました。

しかし、我々が微生物に対する知識を広げる一方で、微生物もまたワクチンの耐性を獲得するなど、いまなお進化し続けています。
私たちが気を付けなければいけないのは、微生物たちの驚くべき柔軟性です。信じられないような変異能力で新たな病原性を生み出したりします。

また、新型コロナウイルスを始めとする未知なる病原体の出現も続いている状態です。
薬剤に耐性のある菌(C.ディフィシル芽胞)を殺滅し、環境からの感染率を減らすために環境表面殺菌は研究開発されました。

感染からも皆様をお守りするべく、カルテックは新型コロナ除菌・消毒サービス(環境表面殺菌)の施工を行ってまいります。
現状のウイルス対策にご不安がある方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。