WORK CASES

栃木県内の企業様でオフィスの除菌施工をしました

お問い合わせ内容

4月上旬、お電話で

「事務所の消毒をお願いしたい」というご依頼がありました。

現場は、全国的に事業を展開されている企業様の栃木県内にある営業所です。

 

当日の対応

17:00 現地到着・施工内容のご説明

17:10 オフィス内の養生作業

17:30 施工開始、エアレーションタイム

18:15 原状復帰作業

18:30 施工完了

 

施工について

弊社では、過酸化水素を主成分とした消毒液「HaloMist™」(ハロミスト)を使用しております。

過酸化水素は、2020年2月に日本初の新型コロナウイルス大規模クラスター感染が発生した「ダイヤモンド・プリンセス号」の除菌消毒でも使用されました。

過酸化水素については「新型コロナに効果実証済み!過酸化水素のパワー」をご覧ください。

 

 

【動画】ドライミスト噴霧のイメージ

 

 

施工で使用するドライミスト噴霧器(ハロフォガー)は、粒子が非常に細かいドライミストを空間に噴霧することにより高い除菌・除ウイルス効果を発揮します。

コピー機やパソコン等の電子機器にも影響なく施工できる点が大きな特徴の一つです。

 

主成分の過酸化水素は、細菌やウイルスを殺滅した後、水と酸素に分解されます。

施工後は、施工前に比べて目に見える変化がないことも利点の一つと言えるでしょう。

しかし、変化が無いゆえに、「本当に菌が居なくなったの?」と感じる方もいます。

施工の効果を目に見える形でご理解いただくために、施工前後に細菌を採取し、培養しております。

培養結果は、施工後、【施工完了報告書】にまとめてお渡ししています。

※培養結果のイメージ画像

当日は、オフィスで働く従業員の皆様が安心して業務に集中できるよう、思いを込めて施工を行いました。

弊社の施工は、警備員としての法的な教育を受けた作業員が担当します。お客様の大切な生命・身体・財産をお守りする警備のプロが「犯罪」のみならず「ウイルス」からも皆様の安全をお守りします。

 

万が一、会社で新型コロナウイルスの感染者が出た場合の対応についてご心配の方は、

「社員が新型コロナに感染したら…?対応手順をご紹介」を参考にしてみてください。

 

お客様のご感想

弊社では人の出入りが多いので、もし感染者が出入りしていたら、と思うと不安です。万全を期すために、従業員全員にPCR検査を実施して、証明書を発行しています。

今回、数社ある消毒業者からカルテックさんを選んだ理由は、見積返答が一番早かったことと、こちらの希望に沿った施工に対応してくれたことです。

施工に立ち会った時、はじめは「この機械で大丈夫かな」と不安でした。しかし、作業員の方が施工手順や使用する製品の効能について丁寧に説明をしてくれたので気持ちが軽くなりました。

おかげさまで施工後、問題なく事務所を使うことができました。従業員は「施工してくれて安心した」とホッとした様子でした。

 

[提供内容] 新型コロナ消毒除菌サービス(環境表面殺菌)
[施  工  日] 2021年4月
[施工場所] オフィス
[作業時間] 約90分

 

おすすめの関連事例

グループ会社であるキャリー交通で事務所内の除菌消毒を施工しました