WORK CASES

栃木県宇都宮市/さかえ認定こども園様で除菌施工をしました

さかえ認定こども園様は、栃木県宇都宮市にある幼保連携型の認定こども園です。幼稚園と保育園のメリットを活かして、生後2ヶ月〜就学前までの子どもたちの保育・幼児教育を一体的に行っております。

家庭的な雰囲気の中で、園児一人ひとりの個性や自主性を尊重しながら、適切な保育環境を整え、調和のとれた発達を助長し、将来の生活をたくましく生きぬける人間形成の基礎造りを目的とし、「元気に遊べる子ども」「思いやりのある子ども」「がんばる子ども」の育成を目指し、保育活動に取り組んでおられます。

在園児と教職員を合わせると500名近い大規模な園です。

今回は、園長先生にお話を伺いました。

≪施工前の状況≫

①日々新型コロナウイルス感染防止対策(消毒等)を実施していますが、新型コロナウイルス感染症への対応が長期化するなか、専門的なサービスの利用も検討していました。

②専門的なサービスを行う会社は多数存在しますが、当園に合う会社かどうかがわからない状況でした。

③園の状況を専門業者の方に見ていただいて、専門家からのアドバイスを頂きたいと思っておりました。

 

上記のお話を伺い、弊社から以下のご提案をさせていただきました。

 

ご提案内容

状況①日々新型コロナウイルス感染防止対策(消毒等)を実施していますが、新型コロナウイルス感染症への対応が長期化するなか、専門的なサービスの利用も検討していました。

 

2020年3月~5月、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、全国的に学校や幼稚園が一斉休校・休園になりました。その後、2021年1月に緊急事態宣言の対象地域に栃木も追加される等、感染防止対策(消毒等)が必要な状況が今後も続きそうな為、現在の対策に加え、専門的なサービスの利用も検討していました。

園では、園児をはじめ、保護者や教職員が感染するリスクを減らすために、教職員が毎日、保育室やトイレ等の消毒・除菌を行っております。

特に、園児が触る場所や口に入れやすい玩具、トイレの汚れやすい場所なども含め、念入りに消毒・除菌を行っています。

その際、消毒液の成分によっては拭いた後に脱色したり、壊れてしまったりするので、場所や物に合わせて消毒液を3種類以上使い分けています。

 

状況①に対するご提案

保育活動は、三密を避けられないと思います。そうした難しい状況の中で、懸命に感染拡大防止対策を行っている教職員の皆さまのご苦労は大変なものではないでしょうか。

弊社の消毒サービスで使用する「ハロミスト」(過酸化水素)は、モノや人への影響が少ないことが特徴です。

場所やモノによって消毒液を変える必要はありません。
プラスチックはもちろん、紙、木材、布、パソコンなどの電子機器も除菌・除ウイルス可能です。

EPA認証により効果も実証されていますので、withコロナ時代のウイルス対策に効果的。

また、大きな特徴は、1度の噴霧で室内の細菌などを99.9999%殺滅できること。

新型コロナウイルス以外にも、子ども達の間で流行しやすいインフルエンザウイルス、ノロウイルスをはじめ、多数の細菌・ウイルス・カビを殺滅します。

過酸化水素は、アメリカ環境保護庁、カナダ保健省、欧州医薬品庁で有効性が証明されていますので、ご安心ください。

 

状況②専門的なサービスを行う会社は多数存在しますが、当園に合う会社かどうかがわからない状況でした。

 

多数の業者から消毒・除菌サービスに関する提案を受けている状況でした。
その提案内容を園内で検討しましたが、

「教職員が行っている日々の消毒・除菌と、提案されたサービスとの違いがわかりにくい」

「費用に対する効果がどの程度あるのか、判断がつかない」

という状況で、サービスをお願いするまでには至りませんでした。
費用をかけて専門業者に依頼するのでしたら、費用と効果について納得できる業者にお願いしたいと思っておりました。

 

状況②に対するご提案

弊社の消毒サービスと他社の消毒サービスの大きな違いは3つあります。

☑ドライミスト噴霧なので細かい隙間まで施工できる

☑室内をドライミストで充満するので、拭き残しを防止できる

☑電子機器も施工できる

 

ドライミスト噴霧とは、「ハロミスト」(過酸化水素)を非常に細かい霧状にして、室内に充満させる施工方法です。普段の拭き掃除では手が届かない天井や壁面、狭く細かい隙間も除菌・除ウイルスできます。

 

また、ドライミストは濡れません。電子機器にミストが付いても問題ありません。
ミスト状になった「過酸化水素」は、酸化効果を発揮して細菌やウイルスから感染力を奪います。
その後、水と酸素に分解されますので電子機器にも人体にも優しくクリーンです。施工後、園児がオモチャなどを口にいれても安心です。

新型コロナウイル感染症の収束は、いまだに見えない状況です。
年に数回、定期的に施工をして室内の細菌やウイルスを99.9999%リセットし、継続的に感染リスクを減らし続けることが大切ではないでしょうか。

 

 

状況③園の状況を専門業者の方に見ていただいて、専門家からのアドバイスを頂きたいと思っておりました。

 

園では、保育室以外で活動を行うケースもあり、マット等の器具を使用した保育活動も行っています。

その際に使う器具等も使うたびに消毒液で拭いているが、本当に消毒できているのか素人では判断ができない状況でした。

また、菌は人の目では見えない為、実際に園の状況を見てもらって、もっとこうした方がいいですよ。
こういう場所を念入りに消毒・除菌した方がいいですよ。等、専門家に見て貰ってアドバイスを頂きたいと思っていました。

 

状況③に対するご提案

弊社の消毒サービスは、新型コロナウイルスを含む細菌やウイルスを10分程度で不活化(無害化)します。

室内に噴霧するドライミスト粒子の大きさは、10μm(ミクロン)。

髪の毛1本の直径(100μm)と比べ、10分の1の大きさです。

ほとんど目に見えない細かい霧状なので、10μm以上の布のすき間に入っていくことができます。

 

 

施工当日の様子

① 消毒前にインジケーターを設置

ドライミストが部屋の隅々まで行き届いたことを確認するためです。

 

 

② 消毒前の細菌を採取

施工前と後に採取した細菌の量を比べることで施工効果を確認できます。

 

 

③ ドライミスト噴霧開始

窓やドア、エアコン、換気扇を閉めて室内を密閉します。火災報知器は、作業員が専用のカバーで覆います。

ドライミストを噴霧する時間は、部屋の大きさによって変わります。

(参考) 40㎡(約12坪、24畳)なら、噴霧時間は約10分。

噴霧を開始した後は、全員退室して無人にします。

 

④ 噴霧後、インジケーターの確認

黒く変色しているので、隅々までドライミストが行き届いたことが分かります。

 

⑤ 施工後60分程度、時間を置く

ハロミスト(過酸化水素)が水と酸素に分解されて無害になるまで待ちます。

 

 

⑥ 施工後の細菌を採取

施工前と同じ場所から採取します。

 

 

⑦ 施工終了

機械を回収し、室内の密閉を開放します。施工が完了したことを園長先生にご報告。

 

施工後のご報告

後日『施工完了報告書』を持参し、施工前後に採取した細菌の培養結果と施工の様子(画像)をご報告。

細菌の培養結果は、こちらです。

 

 

お客様のご感想

 園長先生

 

施工は、園の予定に合わせて土曜日にお願いしました。月曜日に出勤すると、消毒の臭いが多少残っているかと思いましたが、臭いは気になりませんでした。
また、報告書に細菌の図解(細菌培養の結果)が載っていたので、消毒サービスの効果を実感することが出来ました。
今回、専門家に見ていただいた事によって、人がよく触る箇所(電気のスイッチ等)は特に菌が多いことを知ることができましたので、今後、日々の消毒・除菌に活かしたいと思います。

 

また、専門的な機械で噴霧してもらうと、室内全部に消毒液が行き届いてくれて綺麗になる安心感があります。
保育室や職員室は動かせない什器や、電子機器(パソコン等)等の備品がたくさんありますが、移動もなくそういった物も含めて消毒できた事で園長である私自身安心感が増しました。
今回の消毒サービスの結果や効果は、教職員へも共有する予定です。安心感が増したことで、普段の保育活動へもいい影響に繋がることを期待しています。

 

今後も何か困ったことがあったら相談させて頂きたいと思っています。
専門家のアドバイスを頂きながら、感染防止対策と保育活動の両立に取り組んでいきたいと思います。
今回はありがとうございました。今度ともよろしくお願いいたします。

 

[提供内容] 新型コロナ消毒除菌サービス(環境表面殺菌)
[施  工  日] 2021年3月
[施工場所] さかえ認定こども園様
[作業時間] 150分

 

学校法人 飯野学園 さかえ認定こども園様ホームページ

 

おすすめの関連事例

栃木市の建設サービス会社様で店舗内の除菌施工しました

おすすめの関連コラム

除菌消毒コラム:抗菌?消毒?迷走する感染症対策から抜け出す方法

除菌消毒コラム:どこまで消毒すればいいの?